top of page

2024年1月5日金曜日

毎年、その年の初ゴミ出しをしたら

お正月は終わったなあと思う。

今年は元旦からいろんなニュースで

心が忙しくて

通常でも

お正月でもないような

不思議な気持ちでゴミを出した。

悲しくてもお腹が空くのと同じで

生きているだけでゴミが出るということが

ものすごく嫌だった時期がある。

愛しかない空間にも

埃が積もることも信じたくなかった。



思い返すと

仲良し家族の住むお宅の庭には

勝手に花が咲くような気がしていた。

ものごころついた頃から

なんとなくもめている家(笑)で育ったので

見えないゴミをいっぱい見ていたし

どれだけ水をあげても

枯れてしまう花を感じていたような気がする。


それでもお正月にはいい思い出がたくさんあって

思い返すと心が温かくなったりする。

これは幸せに生きていくための術というか

お守りみたいな機能なんだろうなあ。

いい思い出は悲しい思い出を吸い込んでくれる。

一の光が万の闇を切り裂くように。










bottom of page