2022年1月6日木曜日

「お?雪が降るとか言っても、どーせすぐ消えちゃうんだよね?」とか思ってたけど。

「おお!ちゃんと雪!」な感じで積もって嬉しかった。

踏み込むたびに雪が潰れた音がして「おおお」

騒音がみんな雪の中に包まれていくのも不思議で「おおおお」

フェンスや木に積もった雪が前衛的でいつもの道が美術館みたいだったし。

何より、白い花をつけたような桜は3ヶ月後に花をつけるんだと思うと生きるってすごーいと思ってまたまた「おおおおお」





でも、ジムの行き帰り、寒いわ肌は乾燥するわ、いつもより電車の中がもりもりしてるわ・・・

家にたどり着いたらどっと疲れておりました。

外でお仕事の方はどれだけ大変だろう。

杖をついていらした方は、帰り着けたかしら。

綺麗な景色を見ているとファンタジーなことだけ妄想したくなるけど、

一歩足を踏み入れたら等しく黒い足跡がついちゃうわけよね。

それでも。

明日は青空の下の雪が見たいなあとか思ったりして。