top of page

2021年7月1日木曜日



ツバメの巣に遭遇。

みんな親からの餌を待って忙しく口をあけてピーピー鳴いていた。

だけど、カメラを向けたとたんに、ピタッと口をとじてじーっとしている。

「私たちはここにいません」という感じの知らんぷり。

閉じた口の真一文字の白い線がかわいい。

いつかこの小さな巣から旅立つ日がきて、大きな空を駆け巡るのかと思うと涙が出そうになっちゃう。

私は、涙もろい。

でも、ドライアイは治ってない。

ツバメはものすごく眼がいいからあのスピードで飛べるということを何かで読んだことがある。

目の前にあるはさみやメガネ、携帯を見過ごして、どこにあるのかとうろうろ探している私にとっては、心底うらやましい能力。




Comentários


bottom of page