top of page

2023年2月14日火曜日

「おくうのあい」という言葉が目に入った。

おくいあき に とっても近い語感で親近感。

「屋烏之愛」という四字熟語のふりがなだった。


溺愛とか

盲愛のたとえだった。


その人のことを愛するあまり

その人に関わるもの全て

その人の家の屋根にとまっている烏さえ愛おしくなること・・・だって。


え?

恋愛したらフツーじゃないの?と思ってしまったけどさ。

その人にまつわるもの全部愛しくて当たり前だよね。笑



「おくいのあい」

昔はさ

大げさな歌詞が多いとよく言われたものでした。

今でも人気な楽曲の歌詞は

その大げさと言われた言葉たち。

愛は、時の流れに溶けて染み込んで当たり前になったのかしら。






Comments


bottom of page