top of page

2023年12月7日木曜日

レコーディング。

麗しい音たちが録音されていくのを

ただ喜んで眺めていられる

とっても幸せな時間。

しかも

いつか行ってみたい!

と、思っていた素敵なスタジオで。

偶然という名のご褒美をいただいたよう。。。


10年越えで温め続けてきた楽曲たちが

形になりつつあります。

どの曲も

思いが詰まりすぎているせいか

セルフカバー

もしくは

好きな曲を歌ってみた!ような

不思議な感覚です。


40歳になりたての頃の私は

遺書になる曲を書きたいという気分(というかモードというかブーム)だった。

とはいえ、作品というのは

(この日記でさえ)なんでも遺言で遺書だと言えるんだけど。


死と引き換えにというよりは

次の世代に残したいものを作りたかった。

自分が親からもらった(と思っているもの)ことを

この世界に放っておきたかったのだと思います。


いろんなめぐりあわせのおかげで幸せな今日という「いま」がある。

スタジオの行き帰り

私にとって人生で一番の激動期を過ごしたエリアを通過しました。

おつかれさま!30歳だった私。

今年、デビュー30周年だよ。

きっと、ナンバー30の神様が微笑んでくれているんだと思う。




bottom of page