top of page

2022年3月23日水曜日



大人が読む絵本って感じがするけど

子供の時に読んでいたら

心の芯を支えてくれるような気もする。


「迷子の魂」

オルガ・トカルチュク 文

ヨアンナ・コンセホ 絵

小椋彩 訳


ポーランドで出版された本。

元はポーランド語で書かれたのかしら?

どんな語感なのか知りたくてネットで検索したら、

表現力豊かな語彙ということだった。

単語をちょっとみたけど、全然わからなかった。

そんなわからない言葉で紡がれた物語が

私の心と仲良しになるなんて、不思議で素敵だ。

もちろん素敵な翻訳のおかげですね。


しんどい時に、

何も聞かず、ただ並んで座っていてくれるありがたい友達のような本です。

最近、一緒にお茶してます。







Comments


bottom of page