2022年1月7日金曜日

快晴。

信号の青も眩しそうに空を見上げていた。

雪解け水が街路樹から落ちてくる。

光が当たってキラキラ。

結晶の結びが無くなっても晶が残っているんだな。



ランチタイムに出てきたサラリーマンのお兄さんたちは

先の尖った革靴を履いてる。

子供のような笑顔で「こわっ!」と言いあって歩いていた。

飲み屋さんが昼間やっているランチをみんなで食べにいく・・・感じだなって思った。

いいな。

私は、こういうシチュエーションに憧れを持っている。