2021年12月10日金曜日

友人から久しぶりのLINE。

すでに30年以上前のこととは言え、私の記憶力が乏しすぎて、思い出のピースがまったく揃わない。

そんなこと忘れる訳無いじゃん!と思えるようなこともすっかり抜け落ちていて、驚いた。

彼女の中に居る私は、どこかで違う世界に引っ越したんじゃないかと思えてくる。



思い出は宝物。

こういうときはこの言葉が重い。

私にはあなたの宝物の良さがわからないと言ってしまった気分。

そういうわけではないんだぞーーーー!と、大声で叫びたい。